6つの項目で格付け!マイナビウエディングとゼクシィの違い&使い分けの方法を完全伝授します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「マイナビウエディングとゼクシィってどんな違いがあるの?」

「マイナビウエディングとゼクシィ、結局どっちがいいの?」

「私たち2人にはどっちが合ってるのかな?」

こんにちは!WEDDING bests編集部の上松です。

子育てでウエディングプロデューサー業は卒業しましたが、この記事を読んでくれるあなたの結婚式の助けになればと、専門家として最新のお得情報や業界の裏情報をお伝えしていきます!

式場選びの時に欠かせないのが、結婚式場紹介サービス。

業界最大手のゼクシィは「プロポーズされたら、ゼクシィ」のキャッチコピーであまりにも有名ですよね。

また調べていくうちに、「マイナビウエディング」という式場紹介サービスがあることも知ったはず。

「一体どっちを利用すべきなのかな?」と迷っていませんか?

そこでWEDDING bests編集部では、徹底的にマイナビウエディングとゼクシィを比較・分析しました!

オリコン満足度ランキングを参考にしつつも、それぞれのウエディングサイトの会場数やキャンペーン内容をすべて調査した結果を、すべて公開します!

さて、その結果をここから順に話していきますが、「早く結果を教えてよ!」とそわそわしているあなたのために、結果を少しだけここで先にお見せしましょう。

マイナビウエディングとゼクシィの比較表

比較した6項目を総合的にみると、ゼクシィのほうが圧倒的に○が多いですね。

じゃあ、すべてのカップルにとってゼクシィがいいのか?といえばそうでもなく、調査・分析する中で「こういうカップルは〇〇」などの使い分けも見えてきました。

WEDDING bests 編集部について

「一度だけの結婚式だからこそ、後悔をしてほしくない」そんな思いを胸に「満足でお得な結婚式」をサポートする「WEDDING bests」編集部。

ウェディングプロデューサーを始めとした業界のプロ・先輩花嫁が、あなたの悩みに寄り添うことを第一に考え、「このポイントを知っておかないと、きっと後悔するかも」という情報を客観的な視点から発信しています。

マイナビウエディングとゼクシィ、それぞれどんな人に向いてる?

マイナビウエディングとゼクシィ、それぞれどんな人に向いてる?

では、どんな人にどちらのサービスが向いているのか、細かい比較に入る前に大まかにお伝えしておきます。

これを見て「自分はこっちが向いてそう!」と思えたあなたは、ゼクシィマイナビウエディングそれぞれを使ってみてください!

マイナビウエディングとゼクシィそれぞれ向いている人
ただ、キャンペーンは下記にもあるように両方使った方がお得ですよ。

キャンペーンは併用して両方の特典をゲットしよう!

このように、どちらのサービスがより合っているかというのはあるのですが、実はゼクシィマイナビウエディングが行っているキャンペーンに関しては、「どっちも使うべき!」です。

筆者の画像
式場探しキャンペーンは併用が可能です。マイナビウエディングとゼクシィ、どちらを利用して式場と契約するにしても、両方の特典をゲットしちゃいましょう。

マイナビウエディングとゼクシィの違い

マイナビウエディングとゼクシィの違い

さて、ここからは具体的な6項目の比較に入っていきます。

まず大きな部分から整理しておくと、マイナビウエディングもゼクシィもどちらも業界大手の結婚式場紹介サービスです。

特にゼクシィは業界No.1、CMもよく流れているので、式場を探している人でなくとも名前を知っているのではないでしょうか。

そんなゼクシィとマイナビウエディングとの違いは、事業の規模。

後の比較でも登場しますが、ゼクシィのほうが圧倒的に全国を網羅して多くの式場と提携しています。

筆者の画像
ただ、サービスはどちらも同じように高いレベルで提供しているので、どちらを選んでも安心できますよ。

では、具体的にどんなところに違いがあるのか、どちらを選ぶべきなのか、詳しくみていきましょう。

比較(1)全国の会場数:ゼクシィの勝ち

 

全国の会場数:ゼクシィの勝ち

まずは、全国の掲載式場数。ゼクシィが圧倒的に多いです。

  • マイナビウエディングの式場掲載数:1498式場
  • ゼクシィの式場掲載数:2421式場

※2019年10月時点

wedding-bestsのウエディングサイト調査

※WEDDING bestsではこのように式場紹介サイトごとに定期的にリサーチを行っています。式場数ももちろん調査対象。

次の項目とも関連する内容なので、「ゼクシィの式場数がはるかに多い」ということを頭の隅に置いて読み進めてくださいね。

比較(2)対象エリア:ゼクシィの勝ち

対象エリア:ゼクシィの勝ち

次に対応エリアでの比較をしてみましょう。

サイト名対応エリア
マイナビウエディング北海道・東北(宮城のみ)・関東・北陸甲信越(長野・山梨のみ)・東海・関西・九州(福岡・沖縄のみ)・国内リゾート・海外リゾート
ゼクシィ全国・国内リゾート・海外リゾート

ゼクシィは国内未対応エリアがありません。全国網羅的に式場掲載をしています。

マイナビウエディングの対応エリアがわかりやすいように、地図に色を塗ってみました。

マイナビウエディングの対応エリア

※2019年10月時点

関東・東海・近畿の都市部を中心に対応していることがわかります。

式場数はゼクシィの圧勝だが、マイナビウエディング対応エリアなら同じレベル

ここで、式場数の比較と合わせて整理してみましょう。

  • マイナビウエディングの式場掲載数:1498式場
  • ゼクシィの式場掲載数:2421式場

※2019年10月時点

確かにマイナビウエディングの式場数は少ないのですが、その分、対応エリアはゼクシィよりも狭いです。

それぞれの式場数分布は以下の通り。

マイナビウエディングの式場数分布

エリア掲載式場数
北海道23
東北19
関東861
北陸甲信越73
東海234
近畿259
中国0
四国0
九州46
沖縄7

※2019年10月時点

ゼクシィの式場数分布

エリア掲載式場数
北海道83
東北141
関東677
北陸甲信越223
東海362
近畿404
中国148
四国81
九州276
沖縄12

※2019年10月時点

見る限り、マイナビウエディングの対応エリア(特に都市部)に関しては、ゼクシィとそれほど大差ないのではないかといえます。

筆者の画像
ただし、そもそもの式場数が少ない地方やマイナビウエディング未対応エリアでは、ゼクシィの豊富な式場数は大きな魅力です!

また、ゼクシィは海外リゾート挙式も得意です。

海外ウエディング専門の情報誌を発行していたり、海外・国内リゾートウエディングに特化したブライダルフェスタを開催したりと力を入れていますので、特に海外での結婚式を検討している人には、ゼクシィのほうがオススメです。

ゼクシィキャンペーンに応募して特典GET!

マイナビウエディングとゼクシィの違い その1

  • 全国的な掲載式場数はゼクシィが圧勝
  • ただしマイナビウエディングの対応エリアでは大差ないかも
  • 海外ウエディングならゼクシィ

比較(3)キャンペーンのお得さ:マイナビウエディングの勝ち

キャンペーンのお得さ:マイナビウエディングの勝ち

では、キャンペーンのお得さはどうでしょうか?

これについては、オリコンランキングと編集部が独自に調査したキャンペーン情報から考えてみましょう。

キャンペーン情報

※WEDDING bestsの独自調査

まず、オリコンの結婚式場相談カウンター「キャンペーン 満足度ランキング」では、

という結果が出ています。

確かに、式場紹介サイトのキャンペーンの内容や条件は非常に似通っていますし、もらえる特典金額はキャンペーンによっても変動するため、金額だけ見て「マイナビウエディングがお得」とは言い切れません。

でも、マイナビウエディングのキャンペーンのほうが、キャンペーンの条件は親切です。

マイナビウエディングのキャンペーンがゼクシィよりも親切な理由

  • マイナビウエディングはサロンでフェアの予約をしてもらっても、キャンペーンに応募できる
  • マイナビウエディングではもらえる特典金額に地域差がない

まず一つ目に、マイナビウエディングのほうが、キャンペーン応募条件を満たすための利便性は良いです。

というのも、ゼクシィでは相談カウンターで紹介してもらった式場をその場でフェア予約代行してもらうと、キャンペーンの対象外となってしまうからです。

キャンペーンに応募するためには、少々面倒でも、一度帰ってから自分たちでフェア予約する必要があります。

キャンペーン対象になるフェア申し込み方法

マイナビウエディングwebサイト、ウエディングサロン
ゼクシィWebサイト、アプリ

一方、マイナビウエディングはWebサイトから予約しても、サロンで予約代行してもらっても同様にキャンペーンの対象です!

また、あまり大々的には載せられていませんが、実はゼクシィのキャンペーンはエリアによって特典金額が異なります。

ゼクシィキャンペーンの2つのエリア

  • 1.首都圏、東海、関西、九州・沖縄
  • 2.北海道、東北、北陸・甲信越・静岡、北関東、中国、四国

2のエリアの特典金額は1よりも少ないことが多いので、その時のキャンペーン情報をよく確認しましょう。

このように、金額面ではなくキャンペーンそのものの利便性・条件面をよくよく見てみると、どちらかといえばマイナビウエディングのキャンペーンが親切だとわかります。

マイナビウエディングで特典GET!


マイナビウエディングとゼクシィの違い その2

  • キャンペーンのお得度は同レベル
  • マイナビウエディングのキャンペーンは条件が親切

確認の意味でも、マイナビウエディングやゼクシィのキャンペーンがどんなものなのか簡単に見ておきましょう。

マイナビウエディングのキャンペーン内容

マイナビウエディングのキャンペーン内容

画像引用:マイナビウエディング公式HP

マイナビウエディングのキャンペーンもハナユメと同じような内容でキャンペーンを行っています。

例えばこのキャンペーンは、先ほど紹介したハナユメのキャンペーンと同じく、マイナビウエディングを通してブライダルフェアに参加すると最大で50,000円の商品券がもらえるというもの。

ただし、キャンペーン時期によっては「式場成約」が条件になっている場合もありますので、よく確認してくださいね。

マイナビウエディングのキャンペーンの最新情報については、こちらの記事に詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてください!

ゼクシィのキャンペーン内容

ゼクシィのキャンペーンもマイナビウエディングと同じような内容でキャンペーンを行っています。

ゼクシィのキャンペーン内容

画像引用:ゼクシィ公式HP

ゼクシィを通じてフェア・式場見学に予約・参加すると、最大で40,000円分の商品券がゲットできるキャンペーン。

ゼクシィのキャンペーンでは、「先着順」の場合と「条件クリアで全員」の場合の2パターンがあるのですが、このキャンペーンは応募者全員が当選するようになっています。

また、先ほども説明したように、ゼクシィのキャンペーンはエリア別に2種類に分けられています。

  • 1.首都圏、東海、関西、九州・沖縄
  • 2.北海道、東北、北陸・甲信越・静岡、北関東、中国、四国

2のエリアの特典金額は1よりも少ないことが多いので、その時のキャンペーン情報をよく確認しましょう。

ゼクシィキャンペーンの最新情報については、こちらの記事に詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

キャンペーンの併用の注意点

冒頭でお話しした通り、マイナビウエディングゼクシィのキャンペーンは併用した方がよりお得です!

ただし、注意点が2つあります。

一つ目に、各キャンペーンでは、ブライダルフェアや式場見学への参加が条件となりますが、マイナビウエディングとゼクシィで訪問する式場が被ってしまうのはNG。

例えばマイナビウエディング3式場、ゼクシィで3式場のフェア参加をしようとすると、合計で6式場訪問することになります。

筆者の画像
時間や労力は多少かかりますが、第一候補とは異なるタイプの式場を見学できたりと、式場選びの参考になることもいっぱいですよ。

二つ目に、そもそもマイナビウエディングの対応エリア外では、キャンペーン併用ができません。

対応エリア外の東北(宮城以外)・北陸・中国・四国・九州(福岡)で結婚式を挙げたいカップルは、ゼクシィ

のキャンペーンに応募しましょう。

ちなみに佐賀県・長崎県のカップルはハナユメのキャンペーンとの併用ができますよ。

比較(4)割引プラン:マイナビウエディングの勝ち

割引プラン:マイナビウエディングの勝ち

続いて、割引プランの比較をしてみましょう。

ほんの参考までですが、ゼクシィもマイナビウエディングも、割引プランがかなり充実している…というわけではありません

やはり最大100万円以上安くなると謳っている、ハナユメのハナユメ割は強いですね。

それを承知の上で、マイナビウエディングとゼクシィを比較すると、若干ですがマイナビウエディングが勝ちそうです。

マイナビウエディングやゼクシィの割引プラン充実度を確認してみましょう。

マイナビウエディングゼクシィ
割引プラン直前オトクプラン、パッケージプラン各式場紹介ページのプランゼクシィ花嫁割各式場紹介ページのプラン
内容特集ページが組まれている

・Webサイトからわかる

Webサイトからわかる相談カウンターに行って初めてわかるWebサイトからわかる
プランの有無条件に合ったものがあるかはタイミング次第条件に合ったものがあるかはタイミング次第必ずあるとは限らない条件に合ったものがあるかはタイミング次第

正直なところ、マイナビウエディングに掲載されているプランがゼクシィよりもお得かどうかは、その式場や挙式の条件によっても異なるため、お得度だけでは「〇〇がオススメ」とは言いづらいです。

ただ、マイナビウエディングの特徴の一つに、パッケージ化したプランが他社よりも探しやすいことが挙げられます。

マイナビウエディングのパッケージプランから結婚式場を探す

マイナビウエディングの直前オトクプランから結婚式場を探す

このように特集ページが組まれていて、条件にあった式場を検索しやすい仕組みになっています。

プランには結婚式で最低限必要な項目が全て含まれており、パッケージ化しているため、お得な料金プランも魅力です。

  • 挙げたい時期が決まっている
  • お急ぎ婚、マタニティ婚

こういった人にとって、マイナビウエディングはゼクシィよりも探しやすく感じるでしょう。

マイナビウエディングで特典GET!

一方ゼクシィにも、各式場の紹介ページにある割引プランとは別に「ゼクシィ花嫁割」があります。

これは、相談カウンター利用者限定で割引や特典がつくというもの。

ですが、式場ごとに割引の内容は異なりますし、その内容をあらかじめWebサイトから確認することはできません。

シークレットな割引と言えますね。

ゼクシィ公式HPには、ハナユメ割と同じように、挙式予定日を早めることで費用が安くなる旨が書いてありますが、カウンターに行くまで割引があるかどうか・どんな内容なのかがわからないのは少々不便です。

よって、割引プラン全体からみるといろんなプランが探しやすいマイナビウエディングがオススメですが、ゼクシィの相談カウンターに魅力を感じている人は、まずゼクシィを利用してみるのも良いでしょう。

マイナビウエディングとゼクシィの違い その3

  • 割引プランはどちらもそれなりに充実(ハナユメの利便性には負ける)
  • マイナビウエディングはパッケージ化されたプランの紹介に力を入れる

比較(5)スタッフの知識レベル・サポート:ゼクシィの勝ち

スタッフの知識レベル・サポート:ゼクシィの勝ち

大切な式場選びだから、それにアドバイスしてくれるカウンタースタッフの知識レベルやサポート力も気になるところだと思います。

オリコンランキングのカウンタースタッフに対する顧客満足度調査において、「担当者のサポート力」の項目で

  • 1位:ハナユメ
  • 2位:ゼクシィ
  • 3位:マイナビウエディング

との結果が出ていますね。

比較(6)サービスの利用しやすさ:ゼクシィ

サービスの利用しやすさ:ゼクシィ

 では最後に、サービスが利用しやすいかどうかの観点でも比較をしてみましょう。

結果からお伝えすると、この項目でもゼクシィが優勢です。

先ほどと同じく、オリコンの結婚式場相談カウンター部門「利用のしやすさ 満足度」ランキングを見てみました。

  • 第1位:ハナユメ
  • 第2位:ゼクシィ
  • 第3位:マイナビウエディング

という結果が出ています。

これだけではわからないので、少し踏み込んで分析してみました。

まず、相談カウンターの「利用のしやすさ」という観点で、カウンターの拠点数を比べてみます。

マイナビウエディングゼクシィ
カウンター拠点数22ヶ所63ヶ所
カウンターのあるエリア東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、福岡、北海道、宮城次のエリア以外(青森、秋田、岩手、山形、福島、山梨、福井、富山、三重、鳥取、島根、徳島、高知、宮崎)

このように、ゼクシィのカウンター拠点数はマイナビウエディングの3倍近くあります。

拠点が多いということは、最寄りのカウンターがより近くなる可能性が高くなるということ。

拠点数の多さは、カウンターの利用のしやすさの面で有利ですね。

今度は、カウンター以外の面を見てみましょう。

Webサイト雑誌アプリ
マイナビウエディング××
ゼクシィ

ご存知の通り、ゼクシィはWebサイトだけでなく結婚情報雑誌も発行されています。

雑誌はアナログでもう探しにくいと思いがちですが、ペラペラめくる中でいろいろなタイプの式場を知ることができるメリットがあります。

全体を俯瞰しながら探せるため、「あ、こういうタイプの式場も素敵だな」と新たな発見があるかもしれませんよ。

ゼクシィキャンペーンに応募して特典GET!

このように、サービスの利用しやすさでもゼクシィが一歩リードしているようです。

マイナビウエディングorゼクシィ、向き不向きはこう決める!

ここまで6つの観点からマイナビウエディングとゼクシィを比較してきました。

WEDDING bests編集部としては、総合的な評価の高かったゼクシィがオススメなのですが、とはいえ、マイナビウエディングのほうが合っているカップルもいます。

2人にとって最適なサービスはどっちなのか、再度振り返りとして確認してみましょう。

マイナビウエディングとゼクシィそれぞれ向いている人

ゼクシィは全国に対応しているので、日本国中どこにいても利用できるのが最大の魅力。

ただ、割引プランはそこまで充実しているとは言い切れないので、マイナビウエディングハナユメなども併せてチェックして、よりお得なプランがあったところからフェア申し込みをすると良いですね。

また、直近で結婚式を挙げたいなら、ゼクシィで探すよりもマイナビウエディングで探すほうが効率的です。

マイナビウエディングに掲載されているパッケージプランや直前オトクプランを上手に活用しましょう。

マイナビウエディングで特典GET!

地域でいえば、マイナビウエディングの対応エリアの中でも都市部であれば、掲載式場数はゼクシィと同様に豊富なはず。

反対に、地方はそもそもの式場数が少ない場合もあり、できるだけたくさんの式場候補から選べるゼクシィを利用するのがオススメです。

まとめ

いかがでしたか?

マイナビウエディング・ゼクシィともに、どちらも充実した式場紹介サービス。

総合的にみると、業界最大手で利用者の利便性ゼクシィがオススメですが、カップルによってはマイナビウエディングのほうが合っていることもあるので、下記の基準を参考に柔軟に利用するのが良い方法ですよ。

マイナビウエディング・ゼクシィはこう使う!おすすめの利用方法

  • マイナビウエディング対応エリアなら、まずはマイナビウエディングをチェック、キャンペーンも併用しよう!
  • 結婚式や結婚にまつわる情報がたくさん知りたいならゼクシィ
  • さまざまな式場を知りたい時は、ゼクシィの結婚情報雑誌をチェック
  • 気になる式場は、より費用がお得になりそうなほうからフェア予約をする
  • マイナビウエディング未対応エリアなら、迷わずゼクシィを利用

この記事が式場探しの良いきっかけになりますように。

では、またお会いしましょう!WEDDING bests編集部の上松でした。

筆者の画像

・総合的には、マイナビウエディングよりゼクシィがオススメ!

・選べる式場数の多さにこだわりたいならゼクシィ

・式場探しキャンペーンは併用できるならベスト!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
WEDDING bests編集部

WEDDING bests編集部

業界のプロとして、お得&満足な結婚式を叶えてもらうために、役立つ知識だけを徹底的に分かりやすく紹介していきます。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

avatar
  Subscribe  
Notify of